お知らせ
2021/12/13レトルトフード「やさしいごはん腎臓ケア」発売のお知らせ
いつも弊社商品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
レトルトフードタイプ療法食「やさしいごはん腎臓ケア」を発売いたします。
 
ワンちゃんの慢性腎臓病は日々増加しております。
弊社の腎臓ケア用療法食「キドニア」におきましても2013年の発売以来、出荷量は増加し続けており、それだけ多くのワンちゃんが慢性腎臓病に悩まされております。
 
慢性腎臓病は完治できないとされていますが、腎臓には大きな余力があります。
仮に半分の腎臓がダメージを受けても、残った半分の腎臓を温存する事で日々を過ごす事ができるのです。
 
健康な腎臓を温存するためには、タンパク質やリンを控えた食事で管理する事がとても重要です。
ところが、タンパク質は主に肉類に含まれているため、タンパク質を制限すると肉をほとんど使用する事ができず、結果としてあまりおいしいフードにはなりません。更に腎不全が進行すると、食欲が低下していくため、おいしくないフードは更に食べたがらないという悪循環が起こってしまいます。
 
弊社にも大変多くのお客様から、腎臓ケア用療法食を食べないというご相談が寄せられております。
そこで、腎臓ケアとおいしさの両立を目指したレトルトフード「やさしいごはん腎臓ケア」を開発しました。
 
◆腎臓のケアを考えた2つの要素
低タンパク質・低リン・低ナトリウム
タンパク質から生まれる老廃物やリンの蓄積が腎臓の負担に。また、腎臓の働きが低下するとナトリウムをうまく排出できなくなり腎臓性高血圧に。
タンパク質:4.8% リン:0.08% ナトリウム:0.05% (全て実測値)に制限。
*必須アミノ酸はAAFCO栄養基準に適合しており、本品のみで腎臓ケア用の普段の食事としお使いいただけます。
 
・血流力を支えるオメガ3脂肪酸
腎臓の働きが低下するとコレステロールや中性脂肪が溜まりやすくなり、高血圧の要因に。また、血管を詰まらせる血栓は腎臓病を悪化させる要因。吸収されやすい特殊なオメガ3脂肪酸クリルオイルを配合し、サラサラ血流力をサポート。
 
◆おいしさの持続
・腎臓ケア用の療法食はタンパク質が制限されているので嗜好性が低下しがち。更に腎臓病が進行すると徐々に食欲が低下する悪循環。
食事に悩む腎臓トラブルを抱えた子のために、いつまでもおいしく食べ続けられるようヤギミルクを配合。
 
本品だけを与えても良し、腎臓ケア用のドライフードへのトッピングにもご利用いただけます。
療法食を食べずにお悩みの方はぜひお試しください。
 
今後とも弊社商品をお引き立て賜りますようお願い申し上げます。

アクセス : 199

ウェットフード「シンプレックス」「リコピンプラス」リニューアルのお知らせ

お知らせ一覧